スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗人先

変な竿に挑戦しました。

キス竿を総糸巻きで、、という挑発に乗って。

バットはコルクで作り始めたものの、、キス釣りはイソメと海水で結構汚れる。
コルクの持ちやすさは良いが、汚れたら臭いし汚いし始末に負えない。

かくなる上はコルクにも糸を巻くことにしました。

R0013531.jpg

コルクは弾力があるので結構厄介。何度か塗って水研ぎして。。

R0013534.jpg

肘の当たるところは平面に削ったが、糸を巻くと平面も丸まってしまった。気分だけキス竿。

バットの尻にはゴルフのグリーンマークを。

R0013542.jpg

全長150センチ程度のショートロッドです。持った感じはGoodです。


リールシートの先はコルクを付けるのが定番だが、それだけを通販で取り寄せるのも面白くないのでこの際は糸とエポキシパテで。

R0013538.jpg

当初考えていた以上に厄介な作業になりました。はじめからコルクを買へば。。。
でも今更変更できません。。

で、、こんなバットになりました。

R0013541.jpg

R0013544.jpg


ブランクは釣道具屋のオヤジから「これ使ってください」と頂いた張りのあるなかなか良いグラスソリッド。
作りかけて途中で放棄したブランクらしい。
これを盗人にするために先端部を水研ぎして。。。

普通は塗装するべきですが、今回は掟破りの総糸巻きです。
糸を巻いてエポキシ塗装をすると折角の敏感な穂先が・・・。

でもやりかけた以上は。

R0013536.jpg

R0013545.jpg

盗人にするために、先端部は下巻きをせずにガイドを付け、中程からバット側は下巻きをして少しハリを持たせました。

良い感じですが、、短いマダイ竿といった曲がり方です。これはキスじゃない。。

先端部は糸を巻かずに仕上げるのが良いのでしょうが、今更変更は悔しいので、仕方なく先端部のガイドを外して糸を解きペーパーで研ぎました。
この部分は一番細い銀糸を巻き直します。

R0013539.jpg

R0013546.jpg

そんなこんなで掟破りのキス竿制作は終了。

オモリは20号から盗人になります。50号を乗せると胴に入ってグラス特有の曲がりです。

テバネ真鯛、ひとつテンヤ、マルイカ、イサキも行けそうな変な竿になりました。
注文主のAさんが使い道を決めてくれるでしょう。

取り敢えず一回はキスに使ってちょ。。。

遊漁船って

三回乗った船が飽きたので、初めてのS丸に乗ってみた。
理由は、、船が小さく水はバケツで汲まなくてはならない、移動中に寝転がるスペースがないという理由の他に、船長がスピーカーで指示する言葉が分からないからだ。
漁師言葉で勝手に話されても???だ。船同士の無線のやりとりは20%も分からない。まるで外国語だ。

さてS丸は、、、乗った途端に「船の構造も勉強してください。船の後ろに帆がありますが何のためにあるか考えてください。船は風上に向けるので、竿の風下で作業をしてください」と、、、。
そうか余程素人臭く見えるんだろうな。暑いからゴルフ用のカッパを着ているからかな、、と思っていると、「仕掛けは何を使っても良いけど、ウチの仕掛けは研究し尽くしているから他のものは釣れないよ」。
私が自作の仕掛けを出して上の鈎にワームをつけると「そんな変なものは外してよ。ウチのワームを薄く切ってつけてください」ときた。私が持っていったワームをつけると外せという。しょうがないから手持ちのワームを外し下だけオキアミを付け上を素鈎にして釣り始めたが、それじゃダメだとしつこく繰り返す。

「教えてあげますから今日は釣り方の勉強をしてください」「折角来たんだから、何か勉強してください」「そのうちに仕掛けの作り方も覚えましょう」。。
そうかな、、俺達はそんなに下手くそなのかな・・・、、、これでも二人とも軽く十年以上は船に乗っているし、プレジャーボートの操船も4年位やってたんだけどな・・。段々不愉快になってくる。あまりうるさいので無視。

仕掛けくらいは船のオススメを使ってやろうかと思い「仕掛けひとつ頂戴。代金は後でいい?」と聞くと「今!」と来た。カッパとケツあてを外して財布を出して代金を払うが、何で今でなきゃダメなんだと腹が立つのを抑えて竿を出す。

それなりに釣れているが、「ワームを付けなきゃ追い喰いしないよ。ワームなしじゃダメだよ」。無視していると「それじゃ一番になれないよ。釣りはスポーツだよ。基本を身につけて繰り返し練習しなきゃ。一番になれないよ」と来た。

なんで一番じゃなきゃダメなんだ。
何をもって一番なんだ? 釣りの楽しみ方は色々あって良いのだ。下手は下手なりに楽しめばいい。
海を眺めるだけで楽しい人もいるだろうし、自作の仕掛けを試して楽しむ人もいるだろうし、釣りの楽しみ方は各々でいい。

一番はともかく、必死に競ってきた仕事人生を終え、70近くなって釣りを楽しんでいる3人の客に偉そうに小学生のサッカーチームのコーチのように「それじゃ一番になれない」を繰り返す。

彼にとっては釣りもスポーツだから一番を目指すのが当然なのかもしれないけど釣り好きの全員が同じじゃない事くらい分からないのかね。少なくとも客の3人はあんたより人生を長くやっている。いい加減にしろ。楽しむ釣りが出来るようにアドバイスするのがプロだろう・・・。

まあ色んな船に乗っていると船長の人柄が違って興味深いが、あまり決めつけられると不愉快になる。どの船長も釣らせたいと思っているのは分かるが。。。
感心するのは浦安のY船と太見のK船かな。

ムカつく一日を終えて釣果はイサキ20、大アジ11、真鯛1キロ強が1、ワカシとソーダで10。食べきれない分は知人二人に嫁に出して終了でした。


さて、ロッドメイキングの方は、、。
私を竿作りの泥沼に引き込んだAさんは繊細な釣りが大好き。
飲んでいる時に「いいキス竿が欲しいんですよ。盗人の穂先で・・」と私を挑発する。盗人とは(人差し指を曲げて)穂先が敏感な竿のことだ。
キス竿はカーボンで穂先がグラスというのが市販されている。
わざわざグラスで、しかも総糸巻きなんてやる必要がない。
「でも欲しいんですよね・・」と私の性格を見透かして繰り返す。
この野郎、挑発しやがって、、と思いつつ挑発に乗せられて変な竿を作っています。

やり直し終了

ボケ老人は前回の失敗の後暫くはやり直す気合が入りませんでした。

でも気を取り直して・・。

色を変えて、、試しにまいてみましたが、、やっぱりボツ。

R0013522.jpg

試し巻きの左の赤メタリック二本撚りよりは右の白の方がまだマシですが、、面白くない。

R0013523.jpg

ガイド下巻きの幅が少し足りないので、下巻きから2ミリ外側から銀を巻き、そのまま黒と二本で巻き、黒でガイドを止めました。

R0013528.jpg

エポキシを二度塗ってモッチリと。

トップガイドから二番目までは竿先が見やすいように白糸です。

R0013530.jpg

これで完成です。
長かった・・・・。

やってしまった・・・

順調に進んでいました。

ガイド下巻きは銀の蛇腹で。

R0013511.jpg

R0013507.jpg

ガイド上巻は黒と白で。

R0013514.jpg
R0013513.jpg

そしてエポキシを乗せて晩酌に。。。
いい気持ちで部屋に帰り、どの程度固まったかカップの中の残りをチェック。。。

全く変化なし!?!? 

もう一度チェックしても、、何も変わっていない。。。 何故??

ハタと気がつきました。  硬化剤のスローとファーストを混合していたのです。

R0013521.jpg

主剤が入っていないから固まる訳がない!!

ベッタリ乗っているエポキシの硬化剤をティッシュで拭き取り。取り敢えず放置。
三日後に気持ちを整えて、、、ガイドを全て外しました。
とにかくベタベタで始末におえません。

R0013517.jpg

三日経ったカップの中の硬化剤は、、

R0013520.jpg

ドロドロのままです。

竿をシンナーで拭き、ガイドをシンナーで洗い。部屋はシンナー中毒患者の状態です。。。

やり直しは、元気な時に。。。

仕上がりは下地次第

色々とあって暫くアップしていませんでしたが、シコシコとやっております。

300号の二色巻です。

R0013481.jpg

R0013484.jpg

このように左右から来る糸が良い具合に出ていきます。細いところは順調に進みますが、バット側の太いところは極端に難しくなります。一寸進んでは戻り、焦らずに時間を惜しまず。。。です。

糸はフジックスキングポリエステルの赤と黒です。下地はFRPプラスチック用のポリベスト・トップコート。

R0013495.jpg
R0013498.jpg

このツルピカはシルバーチップ独特のものですね。

同じ仕様で100号。

R0013503.jpg
R0013505.jpg

これはまだガイドを付けていません。ガイドの下巻きと上巻きの色を考えています。
銀色と白色をベースにして、、アクセントは黒・・なんてのはどうでしょうか。

これもまだガイドを付けていません。曲がりが綺麗なブランクなので楽しみです。

R0013500.jpg

制作途中が2本。どれもまあまあの仕上がりになりました。

エポキシに限らず、塗装の出来栄えは「下地」で決まることが分かりました。
どうせ上に糸を巻くから、、なんて一寸いい加減なことをやるとテキメンです。その修正は下地を整えること以上に手間がかかります。

下地を整えてから糸を巻き、一回目の塗装で出来るだけムラが出ないようにするのが肝心です。
これを適当にやってしまったことが「やり直し」になって余計な手間と材料費が掛かってしまいました。

小さな凸凹を無視してエポキシを塗り、水研ぎをしてまたエポキシを。。。
それも「一寸位・・・」と手を抜くと覿面です。

これが分かるまで随分とトライアンドエラーを繰り返しました。


さて、完成に向けて作業を再開します。

プロフィール

快釣タクランケ

Author:快釣タクランケ
釣りの事、仕掛けの事、そしてロッドビルディングの事など、
メモ代わりに思いつくことを書いていきます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
マイナーなブログ。。。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。