スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログをサボって・・・

身内の不幸があってからまたしてもブログをサボっています。

その後、ヒラメとタチウオに行きました。船の上ではつい写真を撮るのを忘れるので、いつも写真のないブログになってしまいます。

ヒラメは1キロオーバーが一枚、ソゲ+αが四枚。 家で食べる分は十分です。 いつも通り大きいのをその日には刺身で、食べきれない分は昆布締めで2~3日楽しみます。 小型のものはムニエル用としてご近所に嫁に出しました。

太刀魚は指四本以上が一本。 他は三本以下が8本。 大物は刺身と塩焼きで、他は煮つけと潮汁で頂きました。
太刀魚のアラで作る潮汁は独特の旨みがありますね。但し、何故か作った翌日に温めなおすと臭みが出てしまいます。

タイ、タチウオ、キンメ、ホウボウ、、、殆どの魚のアラから潮汁ができますが、何故かヒラメだけは出汁がでません。全く旨みが出ないのが不思議です。

私の潮汁の作り方をご参考までに。。

1.アラから血合いと残った内蔵、エラなどを綺麗に取り除いて水洗い
2.昆布と一緒にアラを鍋に入れて水を満たす。塩を適量加える
3.火をつけて50℃を超えた頃に昆布を取り出す
4.沸騰させないように火力を調節して約5分~10分煮出す
5.浮いてくる灰汁を掬い取る
6.ダシが出たら、お椀に盛り付けるアラを取り出して別にする
7.ザルの上にキッチンペーパーを敷いて濾す
8.鍋にべったり付いている灰汁を洗い流す
9.綺麗な鍋に取り分けたアラを戻し、ネギのぶつ切りを入れ、醤油で香りをつけて沸騰直前まで温める

そして、お椀にアラとネギを入れて汁を注ぎ入れると完成です。
飾りに白髪ねぎを乗せると綺麗です。
一寸手間がかかりますが絶品の潮汁が出来ますのでお試しください。
お好みで柚子の皮を細く切ったものやミツバを乗せても良いですね。

アラだけで味見、醤油を加えて味見、ネギを入れて味見、それぞれの段階で味が変わるのが面白いです。
沸騰させないことが鍵です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

快釣タクランケ

Author:快釣タクランケ
釣りの事、仕掛けの事、そしてロッドビルディングの事など、
メモ代わりに思いつくことを書いていきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
マイナーなブログ。。。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。