スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本命なしの釣行

久し振りに江見港から船に乗りました。
狙いはマダイです。

32センチのマダイを一枚上げたところで「しぶいから狙いを変えます」と、、アラの場所に移動。
もう少しやりたかったが、一人乗っていた地元の客の要望のようだ。
しょうがない。100mでアラ五目となる。
45センチのアラの子供を一本上げたが、あとはサバとマルソウダ、キダイなど。

それなりに数は釣れたが、またしても締まりのない釣行となった。

その日の午後にシメサバを作り、ソウダガツオは漬けに。

この鯖は身割れもなく旨かった。
船長は「カツオは煮て食うと美味しいよ」と言ったが、その気にならないので漬けに。
日本酒+醤油+味醂を煮切ったタレを作り。
玉ねぎとネギはスライス、大蒜と生姜は微塵切り、大葉の細切りとカツオの薄く切った切り身を交互に重ねてタレをかけて冷蔵庫へ。

数時間置くと「カツオのヅケ」の完成。炊きたてのご飯に乗せると最高です。

家では食べきれないので、翌日に半分は魚好きの友人宅に嫁に出し、帰宅してからまた魚を調理。
小さめのマダイは「鯛めし」用に、カツオはヅケに、キダイは刺身に、アラの子供は半身を刺身にし残りは西京漬けに。

ところで、サバは持ち帰った5本は全て身割れして色が悪い。
仕方なく塩焼きと味噌に用に捌いて冷凍庫に。

釣り上げて直ぐにナイフを入れて締めてクーラーに入れているのに、どうして身割れのサバとそうでないのがあるのか分からない。
サバの個体差なのか、それとも処理が悪いのか??
何年もサバを捌いているのに未だに分からない疑問です。
包丁を入れるまで分からない。。。

(追記:ゴルフ仲間の寿司屋のオヤジに聞いてみたら「サバは卸してみないと分かりませんよ」とのこと。網で取り生きたまま暴れたサバは身割れも多いだろう。釣り上げたら面倒がらずになるべく早く締める以外になさそうです)

確かに1~2月の海水温が低いときは身割れも少なく脂が乗っているが、海水が暖かくなると途端に変なサバが増える。
旨い鯖が喰いたい。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

快釣タクランケ

Author:快釣タクランケ
釣りの事、仕掛けの事、そしてロッドビルディングの事など、
メモ代わりに思いつくことを書いていきます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
マイナーなブログ。。。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。