スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕上がりは下地次第

色々とあって暫くアップしていませんでしたが、シコシコとやっております。

300号の二色巻です。

R0013481.jpg

R0013484.jpg

このように左右から来る糸が良い具合に出ていきます。細いところは順調に進みますが、バット側の太いところは極端に難しくなります。一寸進んでは戻り、焦らずに時間を惜しまず。。。です。

糸はフジックスキングポリエステルの赤と黒です。下地はFRPプラスチック用のポリベスト・トップコート。

R0013495.jpg
R0013498.jpg

このツルピカはシルバーチップ独特のものですね。

同じ仕様で100号。

R0013503.jpg
R0013505.jpg

これはまだガイドを付けていません。ガイドの下巻きと上巻きの色を考えています。
銀色と白色をベースにして、、アクセントは黒・・なんてのはどうでしょうか。

これもまだガイドを付けていません。曲がりが綺麗なブランクなので楽しみです。

R0013500.jpg

制作途中が2本。どれもまあまあの仕上がりになりました。

エポキシに限らず、塗装の出来栄えは「下地」で決まることが分かりました。
どうせ上に糸を巻くから、、なんて一寸いい加減なことをやるとテキメンです。その修正は下地を整えること以上に手間がかかります。

下地を整えてから糸を巻き、一回目の塗装で出来るだけムラが出ないようにするのが肝心です。
これを適当にやってしまったことが「やり直し」になって余計な手間と材料費が掛かってしまいました。

小さな凸凹を無視してエポキシを塗り、水研ぎをしてまたエポキシを。。。
それも「一寸位・・・」と手を抜くと覿面です。

これが分かるまで随分とトライアンドエラーを繰り返しました。


さて、完成に向けて作業を再開します。

スポンサーサイト

またまた締りのない釣り

前回、前々回のリベンジをすべく同じ船に乗りました。。。が、やっぱり締りのない釣りになりました。

船長が張り切って「底まで○○メーター、XXメータで狙ってください」と今までになく気合を入れて案内。

いつもは底まで落としてハリス分だけ上げて狙うのに、船長があまり丁寧に言うものだからついその通りでやっていましたが、、、
早い話が棚ボケです。
あまりにも当たりがないのでいつも通り底まで落として棚を取ったら5メーター位違っていた。

そりゃそうだ。。。糸は真直ぐ降りないし、リールの狂いも多少ある。
気がついたのは終わり頃。それから4枚釣ったが後の祭り。

ハタの子供など締りのない五目でした。

魚料理を研究中の知人のところに半分を嫁に出して、結局家では前回同様の料理をしておしまい。

ソウダガツオの漬けは好評でした。

次回は久し振りに沖釣りにしようかな。。。

プロフィール

快釣タクランケ

Author:快釣タクランケ
釣りの事、仕掛けの事、そしてロッドビルディングの事など、
メモ代わりに思いつくことを書いていきます。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
マイナーなブログ。。。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。