スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一本の竿を完成させるまでに、エポキシを合計7~10回位塗ります。
筆は使った都度シンナーとブラシクリーナーで洗っていますが、数回で毛先が揃わなくなります。

R0013466.jpg

たかが筆、、、ですが、、結構な値段です。
大凡600~900円と言うところでしょうか。

近所の画材屋で見つけました。画材屋のオヤジの勧めです。
R0013456.jpg

韓国製ですが、6本セットで約1100円。ばら売りは上から二本目のものが900円です。

R0013457.jpg

細い方の二本は使い道がありません。でもセットの方が安いので。。。

R0013460.jpg

気がつきましたか?
普通の筆よりも毛先が短いのです。腰も強く毛先が揃っているために薄く延ばすことが出来ます。
毛先の長い筆は塗装の厚さを一定にするのが難しいのですが、これはエポキシに丁度いいです。

R0013463.jpg

筆の軸の端が斜めにカットされています。これはバニッシュナイフと一緒。筆が使えなくなったら軸だけは使い道があります。
何百円も払ってバニッシュナイフを買うことはありません。。十分使えます(一本あればいい・・)。

何処で買えるか分かりませんが、ご参考まで。
R0013464.jpg

お薦めです。
スポンサーサイト

300号二色巻

カメラの充電をサボっていたので幾つかアップ出来ませんでした。

キンメ・アコウの300~500号の竿を巻きました。

R0013410.jpg


一見すると総巻きには見えませんが、よく見ると・・・、
メンドッチイ紺と濃緑の二色巻です。
メタリックとは違う渋い感じが気に入りました。

R0013415.jpg

ブランクのエポキシ塗装は4回です。
都度ペーパーを掛けて平面を作るお決まりの水研ぎは400~10000番で。
水研ぎをしないでそのままペーパーをかけると直ぐ目詰まりするし、削り屑が塗装面に付いてしまいます。
誰があみ出したのか凄いノウハウですね。
そう言えば確か漆仕上げも水研ぎですね。

ガイドの下巻きは赤系のゴールドで。。
糸は沢山あります。何といっても一巻き500mですから。。

R0013417.jpg

R0013426.jpg
ガイド上巻きは一見黒に見えますが濃い緑です。。

R0013427.jpg

仕上げは、コンパウンドで。
R0013419.jpg
ここでもラッパーが活躍。速度を上げて気長にタバコを吸いながら。。。

完成です。

R0013424.jpg

グリップにテープを巻けば良いのでしょうが、実用には何も問題なしということでこれで完了とします。
R0013428.jpg

総糸巻きのロッドに必須の飾巻きは省略です。
理由はカンタン。。
1.技術がない
2.虚仮威しみたいな派手な飾りが嫌い
ということですが、その内に挑戦するかもしれません。


二色巻き

デジカメの電池切れで幾つか撮り損ねました。

一寸古いのですが、超絶技工の二色並行巻き(?)の続きです。
R0013375.jpg

下地は例のポリベスト・トップコートの白に画材屋で見つけたLizuitexという絵の具を混ぜてブランクに着色。
赤・黄・青の三色があれば殆どの色の下塗りができます。

今回はブルーを少量混ぜて。。

R0013404.jpg

こんな感じで二色を巻きました。

もうコリゴリというくらい大変な作業でしたが、思いの外良い感じに仕上がったので、調子に乗ってキンメ・アコウの竿も二色で巻いてみました。

R0013408.jpg

しかし、、、失敗です。 思った色に仕上がりませんでした。
エポキシを乗せた後に解きました。。。

R0013374.jpg

この色も気にいらないので、結局解きました。。。

無駄な作業が続きますが、「趣味は経済性と効率を求めない」という大原則に従って何度でもやり直すのです。


何度も総巻きをやっった結果のティップス。。

縫製用の糸は滑りをよくするためにワックスや潤滑剤が塗布されているので多かれ少なかれエポキシをはじきます。エポキシが染み込んだ部分と、ただ乗っただけの部分ができてこれが凸凹を作ります。
二回目である程度消すことが出来ますが、凸凹は少ないほうが良い。
そこで、一回目の塗りはシンナーで薄めてシャブシャブ状態で塗ります。エポキシ:シンナーを2:1位です(もっと薄くても良い)。
この薄いエポキシを筆で糸に擦り込むように塗り、糸目を残して一回目を終えるのです。
シンナーが飛ぶと痩せますが、それが狙いです。
ペーパーで研磨せずに二回目を塗ります。
そのあとはお決まりの水研ぎとエポキシ塗装を二回繰り返し、
最後の仕上げは、4000番以上の細かいペーパーで水研ぎをして、コンパウンドで研磨してブランクが完成。
やっとガイドの下巻きに入ります。

プロフィール

快釣タクランケ

Author:快釣タクランケ
釣りの事、仕掛けの事、そしてロッドビルディングの事など、
メモ代わりに思いつくことを書いていきます。

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
マイナーなブログ。。。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。