スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッドラッパーの制作

ガイドを巻く程度ならドライヤーのモーター側のゴムベルトを外してフリーにすれば十分です。動力がないからハンドラッパーになります。
でも、総糸巻となると片手で巻きながらテンションを一定に保つのは可也むつかしいのです。というか、私には不可能でした。
途中で巻ムラが出来て、そこまで解いてもう一度蒔き直したり、時間ばかりかかって集中力が維持できません。
失敗! 全部解いてやり直し。
やっとできたら、、今度は部分的にエポキシの硬化不良なんてことになれば、ここで総糸巻を諦める人も多いのではないでしょうか。

お金があれば、、

ラッパー

ナナマンエン以上もするのです。もったいない。。。

工作オヤジ、突然ムラムラと挑戦意欲が湧いてきました。やってやろうじゃないの!!

アイドラー側は何でもいいから、要はモーター側を自作すればいいのです。

可変速の小型モーターをネットで探すと、ありました。
この際これでやってみようと購入。

R0012994.jpg

時計回りと反時計回りも結線で変えられる。竿を回す程度ならトルクも十分で静かです。

R0012995.jpg


さて、実際に回してみると、最低回転数でもスレッドを巻くには一寸早すぎます。高速側は要らないのですが、、もう少し低速側が、、そしてトルクも欲しい。
ギアかプーリーで減速しないと細かな作業ができないことが分かりました。

純正の減速ギアボックスを買ってフレキシブルシャフトで繋げばOKと、メーカーに問い合わせると、何と「丸軸にはギアボックスは使えません」とつれない回答。
一週間以上経っているし、梱包も捨ててしまったので交換もできない。

なあに、プーリーで減速すればいいさ。ドンマイドンマイ。
ところが、ここでまた躓いた。
プーリーは、、必要なサイズがない。しかも既製品は軸穴の径が合わない。

探せどさがせどぴったりのプーリーを小売している店はありません。しかも大手専門メーカーは小売をしていない。
特注は高い。そんなものを買ったら何のために自作するのか分からなくなる。

まだ諦めません。取り敢えず頭を冷やして。。この問題は暫し放置。

さて、スピンドルと架台は、チャックはどうするか。
これは簡単に解決。例のドライヤー(6千円弱)をもうひと組み買って、架台を使うというアイディアです。

架台からモーターとプーリーを外してしまえばそのまま使えるじゃないか。
アイドラーは二つあっても問題ない。いや、そのほうが好都合。

R0012984.jpg
R0012976.jpg

ということで、もうひと組み購入。

残るはプーリーです。
モーター側は出来るだけ小さく、チャック側は出来るだけ大きい径のものでベルト直径は5ミリが欲しい。
モーターの軸は直径6ミリで、チャック側は7ミリ。
ネットでいくら調べてもぴったりのものはありません。

何日もかけて悩み続けて某メーカーに相談したところ、何とか取引してもらえることに。価格はとてもリーズナブル。
嬉しかったですね。これで全ての問題が解決しました。

さて、レイアウトです。ここまで来ると考えることも楽しい。

モーターのコントローラーがあるために平面上にはレイアウトできない。しかも、回転方向を変えるスイッチや、両手を使えるようにフットスイッチも付けたい。
そうすると、箱のようなものに組み込むしかありません。

モノタロウ君を調べていると、厚さ4ミリのごつい箱が特価(期間限定約半値)であるじゃないですか。

box.jpg

20センチの立方体。本当は25X17X15が欲しいけれど都合のいいものはないので、この際これで行こうと決定。

フットスイッチは様々なものがありましたが、安くて使いよさそうな物を発見。

R0012983.jpg

線が3本出ている。テスターで調べると、黒白は踏んだ時にON、赤黒は踏んだ時にOFF。
なるほど。

フットスイッチのコネクターは家電で使う並行コンセントでも用は足りますが、間違ってコンセントに差し込むとエラいことになりますので、2Pの小型のコネクターを探しに秋葉原へ。

パーツ屋の数が減り、一帯はゲーム、PC、居酒屋、ナントカ喫茶、、すっかり変貌した秋葉原に戸惑いながらようやく見つけた2Pのコネクター。100Vに使うものではないが、数ワットのモーターだからこれで問題ない。
R0013004.jpg
大きさの参考にフォンジャックと比較。

あとはスイッチ。
トグルスイッチはあるが、シーソースイッチは殆ど無い! なんで秋葉原にないの??
何度も探し回って漸く見つけたシーソー。
R0013005.jpg
疲れはてて目的達成。
秋葉原への往復の交通費を考えると通販の送料の方が安いんだ・・。世の中は変わりました。

いよいよ組立に入ります。
R0013022.jpg

完成しました。

R0013026.jpg

左のスイッチは回転方向の切り替え、真ん中はフットスイッチのバイパス(オンにすると連続運転)、そして右はフットスイッチへのコネクター。背面にAC入力端子。

R0013025.jpg

使わない時は、コントローラーの反対側のスペースにはフットスイッチ、ACコードも収納出来ます。

執念の勝利! です。 いかにも素人細工ですが機能は十分です。

ところが、このチャックは全く役に立たない。
一見きちんと銜えているようですが、滑るし緩むし、、どうしようもないオモチャです。
ドライヤーとして使うなら何とか用は足りたのですが、スレッドを巻いたりサンドペーパーをかけたりするには役に立ちません。

R0013030.jpg

生ゴムの薄い切れ端を噛ませて、伸縮性のあるロッドベルトで締め付けて。

R0013036.jpg
(画像はドライヤーの方です)

どのくらいのトルクがあるか?

ブランクにサンドペーパーをかける位は大丈夫です。回転数も上げられる。
R0013031.jpg

試しに糸を巻いてみました。
R0013033.jpg

完璧です。細いAスレッドでも隙間なく綺麗に巻けます。
スピードが可変ですから、快適です。
120センチのブランクが1時間もかからず巻けました。手巻では考えられません。
(試し巻きなのに、スレッドが120mも・・・トホホ)

ということでラッパー制作の巻はここまで。

ところで、こんなブログは誰かの役にたつのかな?? 
「お前に出来るなら俺はもっと・・・」と、自作する人が増えればいいのですが。。
スポンサーサイト

小道具 その2

ロッドドライヤーとかロッドフィニッシャーとか言う小道具は必須だが、これは比較的安く販売されています。
低回転モーターを買って自作するのは間尺に合わない。だから大人しく既製品を買うのが正解だと思います。
ドライヤー

これは5,980円也。
難を言うとチャックの部分がちゃちで、ブランクをシッカリ銜えることができない。私は伸びるロッドベルトをチャックの上から巻きつけて緩まないようにしています。スプリング式のものがありますが、あれなら緩むことはないでしょうね。

これもを材料費2000円位で自作している方のブログもありました。凄いです。

次は、二液型のエポキシの使い方です。
どのエポキシを使うかは人によって違うようですが、一応名の通ったものなら硬化不良はないと考えて良さそうです。使い慣れることが一番でしょうね。物によって硬化反応の最低温度が若干違うようです。気温の低いときの作業には結構重要な選択でしょうね。

R0012978.jpg

(長期間多くの人が使っているものはそれなりにまともな筈ですよね)

殆どの商品は、A液(主材、レジン)とB液(硬化剤)を容積で1:1で混合するタイプですが、ここで問題になるのは、

1.正確に液量を計ること
2.完全に混合すること


の2点でです。失敗の殆どの原因はこの2点に集約されますが、これが意外と難しいのです。
特に硬化剤の量が微妙ですから、1:0.5等の等量でないエポキシは更に調合がむつかしくなります。
大量に作るならボトルごと大きな容器で調合すれば誤差も小さくなるでしょうが、我々は2cc程度の少量で混合する事が多いので厄介です。
この課題に膨大な時間と手間をかけて挑戦した人のブログがあるので紹介します。ここまでやるかと一読する価値があります。二液式エポキシで失敗したことのある人は必見です。


http://fukusukeraigyo.digi2.jp/epokisinokoukafuryounogenintotaisaku/epokisinokoukafuryounogenintotaisaku.html

これを書いた「それ行け、雷魚マン」さんは、この結論に至るまでどのエポキシが良いのか膨大な実験をして、結局は上の結論に到達したのです。この執念と努力には脱帽です。
自分で苦労をするまでもなく私は折角の情報をありがたく利用させていただいています。

氏の結論は、液量をシリンジ(注射器)で計るのは誤差が大きいので、比重を利用して重量比で計るということです。
特に少量を混合することが多い我々には参考になります。

氏の結論は、主剤:硬化剤 = 4:3 (重量比)です。

私は、重量で、下記の比率で混合しています。

    主剤1.0に対して硬化剤 0.80
    硬化剤1.0に対して主剤 1.25 
 

(ジャストエースに関しては、その後メーカーに比重を確認したところ、硬化剤1に対して主剤1.17であるとのこと。1.0:1・2なら確実と思われます)

製品ごとの比重は彼のブログを参考にしてください。私はジャストエースとスレッドマスターの2種類を上記の比重で利用しています。(それにしてもスレッドマスターは高すぎる・・)

次なる問題は、正確に重量を計る「秤」です。これがいい加減だと何もならないのです。
色々調べてみましたが、雷魚さんご推薦のこれでした・・・。

秤

HL-200iです。
地域によって異なる「重力加速度」の調整ができたり、標準分銅200gでキャリブレーション(補正)できたり、これは家庭用の秤では有り得ない機能です。0.1gが正確に計れればエポキシ混合には十分です。
定価は1万円以上ですが、ネットで送料無料7080円とは泣かせますね。
HL-100iは0.01g精度ですが価格は約2倍です。それにしてもこの価格は特筆ものです。余裕のある方はこちらをお薦めします。

最近は電卓程度の大きさで0.01g単位のデジタル秤が1000円位で沢山ありますが、どうなんだろう?? ほんとにシッカリしているなら安くて小さいに越したことはないんだけど。。。

いずれにしろエポキシの硬化不良で泣かないためには正確な秤に投資するのが良いと思います。

エポキシの評価は色々ありますが、正確な計量と完全な混合が出来れば殆ど差がない(分からない)ようです。ガラスのような艶と透明度はエポキシの特徴ですね。

ということで、小道具 その2 はここまで。
次回は、散々苦労したラッパーの制作について。

小道具 その1


友人に頂いた総糸巻きのマダイ竿で65センチのマダイを釣り上げたのが私にロッドビルディングの火を付けました。
Aさんありがとう。お陰で泥沼に嵌りました。

エポキシを塗るための筆です。

R0012997.jpg

ショップでは使い捨ての安い物が紹介されていますが、お薦めはナイロンの平筆です。ナイロンはコシがあって良いです。一番下の細筆は他の目的に使った筆ですが一緒に記念写真。
スレッドの中にシッカリ染み込ませるためには筆にコシがあった方がいいです。ベタベタ乗せるだけなら何でも良いのですが。。
この平筆を自分の使いやすいように毛先を加工している方がいます。流石です。

塗装用の筆は毛が抜けるものがあるので要注意らしいです。
そう言えば昔日曜大工の小物の塗装で毛が抜けて困ったことがありました。その時はラッカーだったので乾燥が早くて毛を取り除くのに苦労したことを思い出します。
ナイロン筆は画材屋にあります。300円以上しますから使い終わったら溶剤で洗って大切に何度も使います。気に入った道具はトコトン大切に使う癖があります。
私は主に8号を使いますが、その内に10号を使ってみます。

エポキシを混合する容器は結局使い捨てのものに落ち着きました。

R0013000.jpg

30ccのものです。厚みがあって使いやすいです。重量で配合するので目盛りは見えにくくても問題ありません。
100個単位で買ったので使い切れません。重ならないので保管はかさばります。一体竿を何本作ったら無くなるのか・・。
エポキシを塗った後にその容器は直ぐ捨てないでそのままにしておきます。
硬化具合を確認するときに竿に触らずに残った容器のエポキシを触ってみるためです。固まったらポイ。

本当は使い捨てではなく、繰り返し使える物はないかとずいぶん探しました。テフロンの容器なら、、とメーカーに確認したら「エポキシの固着は防げません」とのことだったので諦めて使い捨てとなりました。こだわっても無駄でした。
ぐい呑みの猪口で良いのがあるんですが、錫や銅、ガラスなどエポキシの親友みたいな材質ばかりですよね。銀のぐい呑みで良い形のものがありました。都度洗って使う???

アルコールランプも使いやすい物を。


R0012981.jpg

一寸火をつけて数秒で消す。この繰り返しですからアルコールの容量の大きいものは必要ありません。普通は70~100ccですが、50ccのものはこれだけでした。持ちやすくて気に入っています。
小さなジョウゴはアルコールやシンナーを使うときに重宝します。ビンから直接注ぐと少し外にこぼれて周りを濡らしてしまいます。なくてもいいんですがあると気持ちのいい作業ができます。

実は、中国製のステンレス製のアルコールランプを使ったのですが、、容量が多くてアルコールが無駄になる上に中が見えない。樹脂製の口金のパッキンが直ぐダメになるのでお払い箱に。無駄な買い物でしたが停電用にでもします。(あえて画像は付けません)

ガイドを巻く程度ならジッポーのライターにアルコールを入れればいいかも。その方が実用的でアルコールも無駄になりません。でも、総糸巻きのときやガイドを次々と外すときはアルコールランプを点けたままがいいです。


こんなものも重宝します。

R0012992.jpg

ガイドを巻く時の寸法を測ったり、ブランクの太さをチェックしたり、プラスチックの定規より目盛が見やすいのです。
お察しの通りだんだん小さいものが見えにくくなっています。1.2ミリなのか1.3なのか細かな目盛りが読めない。

だから、、悲しいけどこれは必須です。

R0012980.jpg

天眼鏡の持ち手を外してレンズだけです。この方が使いやすくて邪魔にならない。

R0012993.jpg


握りハサミ(和裁の必需品)は使いやすいですね。
和食の文化を支えているのは、世界に例のない「片刃」の包丁です。握りバサミも日本の伝統です。大切にしましょう。。。先の切れ味が鈍ったらフックシャープナーでお手入れ。
デザインナイフを使う人が多いようですが、私は昔からオルファの替刃だけを紙にくるんで使います。小さな作業にははっきり言ってこれが一番です。
力を入れる時はちゃんと柄がついたオルファを使いますが、鉛筆を削る程度ならこれで十分。

これはなんでしょう?


R0013009.jpg

スレッドを巻いて、最後のところで糸を抜く小道具です。
糸の端切れでも、テグスの切れ端でもいいんですが。
必要なときに「あれ!?! 何処に??」と探してしまいます。でも、これを一つ作っておくと便利なんです。
なるべく細い糸がいいので1号のテグスを使っています。ビーズか何かを付けておかないとゴミと同じで何処かへ行っちゃいます。可愛い小道具でしょ。別にビーズなんて使わなくても結び目にテープを二つ折りで貼っておけばいいんですが、どうせなら愛着が持てるものを。。ハハハ。

そして、スレッドです。

R0012990.jpg


私はスレッドテンショナーを使わずに、ボビンホルダーを使っています。ぶら下げておけば途中でも手を離せますし、テンションを指で感じながら巻くのが好きなだけです。
ホルダーも粗悪品があります。ボビンを付けると(広げると)捻れるやつがあるんです。買うときに注意しましょう。。なんて。。


R0013001.jpg
R0013002.jpg

捻じれているのがわかりますか? どうでもいいようなものですが気分が悪いんですよね。使っているうちにいつの間にかボビンの穴から外れて足に糸が絡むことがあるんです。こう言う不完全な物を使っているとイライラして作業に集中出来ない性分です。
ところで細いパイプに糸を通すときにどうしています? 押しても入りませんが、先だけ入れて口で吸えば簡単に出てきます。そんなこと知ってるって? 失礼しました。

てなことで、その1はここまでにします。

次は、エポキシの事を。

イカの仕掛け巻

イカの仕掛巻きは実に様々な物がありますが、どれもがイマイチです。
決定的なものがないから様々な商品が売り出されているのでしょう。
つまり、イカ角には皆さん苦労しているんですね。

揺れて風のある船の上で仕掛けを扱うのは一苦労。道具箱の中でカンナ(傘状に開いた針)が引っかかったり指に刺さったり。危ないしイライラします。

色々やってみた結果、市販の物でお薦めはこれですが、

R0012975.jpg

でも、、高い。
カンナがカバーされて安全なのが良いけど、耐久性はイマイチでそれほど使いやすくない。下の切り込みが甘くなってハリスが止まらなくなる。硬質プラスチックだからハリスが傷付くのも気に入らない。

釣り仲間と飲みながら、酔った脳みそに引っかかったのはこれ。これは使えるかも・・・。

R0012970.jpg

ひょっとして・・と閃き、ナイフを取り出し工作開始。
何回か失敗して、最終的にこんなものが出来ました。
(空いたパックはいくつでもありますので)


R0012972.jpg


アタシにとっては材料代はタダ。お酒の飲めない人は中身を捨てても原価は約500円(?)です。。。

なに??もっといい酒を飲めだと? 大きなお世話ですよ。色々事情があるのですよ。 

ハサミとナイフを使ってシコシコ。意外に硬くて丈夫なので注意。酔っていると手を切りそう。。


R0012971.jpg


反対側には切り込みを6~7箇所(重なっているので硬い!!)。この切り込みが具合がいいんです。4枚重なっているのできっちり止まるしハリスも痛まない。

R0012974.jpg


オモリ側のスナップを上の切り込みに止め、最後に道糸側の1メートルを縦に巻いて終わりです。

ハイ、出来ました。これはヤリイカ用。ツノに合わせて大きさも自由自在。
硬くて弾力性もあるのでキチッと巻けます。

R0012973.jpg


イカにも酒の好みがあるなら、、イカの好みの酒パックを使うのが秘訣かも。。。

市販のものよりコンパクトでポケットに入れても危なくない。
しかも意外と丈夫で数回は使えます。
ブランコでも直結でもOK。仕掛けを取り込んだ後の始末も簡単。

使いやすさも抜群で費用もゼロ。今のところこれ以上の物はありません。
釣り道具メーカーさん、ごめんよ。。

大マトウダイ

1月25日。今年初めての乗船。キンメ狙いだ。

朝5時に集合したものの、風が強いため船を出せるかどうか船長が迷っている。当初のキンメを諦めて大型のムツを狙って鰯泳がせでやってみるかと出船。

船長が船上で泳がせの仕掛けを3人分作ってくれたので、フラッシャーの200号用に持っていった竿でオモリ80号で開始。バランスが悪いが仕方がない。
風速15m以上で波は4mだから大型船でも立っているのもやっとだ。
他の二人は泳がせなのにコマセを盛大に撒いている。そりゃそうだ。こんなに揺れるのも珍しい。

「1.5キロサイズが居るからね」との船長の話のあと、突然ガツンときて、、それっきり。
上げるとチモトから5センチ位上でスッパリ切れていた。10号ハリスなのに。竿が硬いから大型のムツの最初の食い込みを往なせなかった。

仕方なく仕掛けを作り始めたが手持ちのハリスは6号。寒くて指が動かないが力を込めて結び40センチの黒ムツを上げた。刺身に丁度いいサイズだ。

船長が「これ使いな。12号だよ」と持ってきてくれた。大型ヒラメだって逃げていきそうな太いハリス。これじゃイワシも大変だ。

もう一本同じサイズの黒ムツを上げたあとにキュンキュンという引き。小さくない。でもムツではない。。。
美味しい鬼カサゴだった。よしよし。。

次は、何だかモターっとした当たり。かなり重たい。
ハタにしては大人しい。慎重に上げたら何と大型のマトウダイだ。あまり嬉しくないのでタモを出さずに抜きあげたらプッチン。
泳げないで船縁に浮かんでいるのを仲間がタモで掬い上げてくれた。でかい。50センチを遥かに超えている。

その後、場所を変えてフラッシャーでアジ・鯖・キンメを狙ってみたが海の条件が更に悪くなって早上がりとなった。

帰ってから、、このマトウをどうしたものかと仲間と相談。取り敢えず半身を刺身にしたが、これが旨かった!!
小さいやつは刺身も取りにくいので煮つけたり、衣を付けて揚げるのが普通だが、美味しい外道で全員満足でした。


マトウダイ

肝の煮付けとアラで作った潮汁も旨かった。

本命なし、難行苦行で外道だけの一日でした。

はじめまして

釣りを始めた頃は、陸っぱりで房総半島と神奈川を走り回り海辺で徹夜もしていましたが、その後数年間はプレジャーボートで相模湾で富士山を見ながら毎週プカプカ浮かんでいました。

最近は主に外房で馴染の遊漁船に乗っています。

仕掛けは既製品を買わず全て手作りを楽しんでいます。これも釣りの楽しみのひとつですね。

友人から手作りの総糸巻きのマダイ竿を頂いたのが刺激になりロッドビルディングに嵌っています。

そんなこんなをメモ代わりに書いていきます。

参考になれば嬉しいな・・・と思っていますが。
レス歓迎です。


(はてなブログから引っ越しました)
プロフィール

Author:快釣タクランケ
釣りの事、仕掛けの事、そしてロッドビルディングの事など、
メモ代わりに思いつくことを書いていきます。

カレンダー
01 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
マイナーなブログ。。。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。