スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗人先

変な竿に挑戦しました。

キス竿を総糸巻きで、、という挑発に乗って。

バットはコルクで作り始めたものの、、キス釣りはイソメと海水で結構汚れる。
コルクの持ちやすさは良いが、汚れたら臭いし汚いし始末に負えない。

かくなる上はコルクにも糸を巻くことにしました。

R0013531.jpg

コルクは弾力があるので結構厄介。何度か塗って水研ぎして。。

R0013534.jpg

肘の当たるところは平面に削ったが、糸を巻くと平面も丸まってしまった。気分だけキス竿。

バットの尻にはゴルフのグリーンマークを。

R0013542.jpg

全長150センチ程度のショートロッドです。持った感じはGoodです。


リールシートの先はコルクを付けるのが定番だが、それだけを通販で取り寄せるのも面白くないのでこの際は糸とエポキシパテで。

R0013538.jpg

当初考えていた以上に厄介な作業になりました。はじめからコルクを買へば。。。
でも今更変更できません。。

で、、こんなバットになりました。

R0013541.jpg

R0013544.jpg


ブランクは釣道具屋のオヤジから「これ使ってください」と頂いた張りのあるなかなか良いグラスソリッド。
作りかけて途中で放棄したブランクらしい。
これを盗人にするために先端部を水研ぎして。。。

普通は塗装するべきですが、今回は掟破りの総糸巻きです。
糸を巻いてエポキシ塗装をすると折角の敏感な穂先が・・・。

でもやりかけた以上は。

R0013536.jpg

R0013545.jpg

盗人にするために、先端部は下巻きをせずにガイドを付け、中程からバット側は下巻きをして少しハリを持たせました。

良い感じですが、、短いマダイ竿といった曲がり方です。これはキスじゃない。。

先端部は糸を巻かずに仕上げるのが良いのでしょうが、今更変更は悔しいので、仕方なく先端部のガイドを外して糸を解きペーパーで研ぎました。
この部分は一番細い銀糸を巻き直します。

R0013539.jpg

R0013546.jpg

そんなこんなで掟破りのキス竿制作は終了。

オモリは20号から盗人になります。50号を乗せると胴に入ってグラス特有の曲がりです。

テバネ真鯛、ひとつテンヤ、マルイカ、イサキも行けそうな変な竿になりました。
注文主のAさんが使い道を決めてくれるでしょう。

取り敢えず一回はキスに使ってちょ。。。
スポンサーサイト

やり直し終了

ボケ老人は前回の失敗の後暫くはやり直す気合が入りませんでした。

でも気を取り直して・・。

色を変えて、、試しにまいてみましたが、、やっぱりボツ。

R0013522.jpg

試し巻きの左の赤メタリック二本撚りよりは右の白の方がまだマシですが、、面白くない。

R0013523.jpg

ガイド下巻きの幅が少し足りないので、下巻きから2ミリ外側から銀を巻き、そのまま黒と二本で巻き、黒でガイドを止めました。

R0013528.jpg

エポキシを二度塗ってモッチリと。

トップガイドから二番目までは竿先が見やすいように白糸です。

R0013530.jpg

これで完成です。
長かった・・・・。

やってしまった・・・

順調に進んでいました。

ガイド下巻きは銀の蛇腹で。

R0013511.jpg

R0013507.jpg

ガイド上巻は黒と白で。

R0013514.jpg
R0013513.jpg

そしてエポキシを乗せて晩酌に。。。
いい気持ちで部屋に帰り、どの程度固まったかカップの中の残りをチェック。。。

全く変化なし!?!? 

もう一度チェックしても、、何も変わっていない。。。 何故??

ハタと気がつきました。  硬化剤のスローとファーストを混合していたのです。

R0013521.jpg

主剤が入っていないから固まる訳がない!!

ベッタリ乗っているエポキシの硬化剤をティッシュで拭き取り。取り敢えず放置。
三日後に気持ちを整えて、、、ガイドを全て外しました。
とにかくベタベタで始末におえません。

R0013517.jpg

三日経ったカップの中の硬化剤は、、

R0013520.jpg

ドロドロのままです。

竿をシンナーで拭き、ガイドをシンナーで洗い。部屋はシンナー中毒患者の状態です。。。

やり直しは、元気な時に。。。

仕上がりは下地次第

色々とあって暫くアップしていませんでしたが、シコシコとやっております。

300号の二色巻です。

R0013481.jpg

R0013484.jpg

このように左右から来る糸が良い具合に出ていきます。細いところは順調に進みますが、バット側の太いところは極端に難しくなります。一寸進んでは戻り、焦らずに時間を惜しまず。。。です。

糸はフジックスキングポリエステルの赤と黒です。下地はFRPプラスチック用のポリベスト・トップコート。

R0013495.jpg
R0013498.jpg

このツルピカはシルバーチップ独特のものですね。

同じ仕様で100号。

R0013503.jpg
R0013505.jpg

これはまだガイドを付けていません。ガイドの下巻きと上巻きの色を考えています。
銀色と白色をベースにして、、アクセントは黒・・なんてのはどうでしょうか。

これもまだガイドを付けていません。曲がりが綺麗なブランクなので楽しみです。

R0013500.jpg

制作途中が2本。どれもまあまあの仕上がりになりました。

エポキシに限らず、塗装の出来栄えは「下地」で決まることが分かりました。
どうせ上に糸を巻くから、、なんて一寸いい加減なことをやるとテキメンです。その修正は下地を整えること以上に手間がかかります。

下地を整えてから糸を巻き、一回目の塗装で出来るだけムラが出ないようにするのが肝心です。
これを適当にやってしまったことが「やり直し」になって余計な手間と材料費が掛かってしまいました。

小さな凸凹を無視してエポキシを塗り、水研ぎをしてまたエポキシを。。。
それも「一寸位・・・」と手を抜くと覿面です。

これが分かるまで随分とトライアンドエラーを繰り返しました。


さて、完成に向けて作業を再開します。

エポキシ選定

それいけ雷魚マンさんが壮大なエポキシの実験(評価)をされています。
私はユーザーが多いもの、よく売れているものはそれなりに良いものだと思っていたので、特に考えることもなくずっと定番のジャストエースを使ってきました。
硬化速度もツヤや表面の硬さも特に不満もなく、こそんなものだろうと。。。
雷魚さんが苦労して確認した重量比で硬化不良は無くなりましたが、メーカーに聞いてみると「当社は容量比の混合をおすすめしています」とのつれない回答。どうせOEMなんだから製造メーカーに比重を確認して欲しいと要求すると数日後に「主剤1.17に対して硬化剤1.00です」と比重ではなく混合比を回答してきました。
何処で作っているのか分からないし、データーも非公開。まあ釣り道具なんてこんなものかと。
エポキシの業界では釣り道具の需要量なんてゴミみたいなものかも。。

R0013476.jpg

一寸浮気心が出て、これも使って見ました。
R0013474.jpg

これも定番ですね。やや高価なのが難点です。
JAに較べて、完全硬化までの時間が一寸長い。二日程おかないとペーパーがかけられない。
でも、硬化後のツヤと平面性はナカナカです。メインで使うつもりでしたが、使い切ったので追加を注文する際に、、。

エポキシによって若干の差があるらしいと、、、また好奇心が頭をもたげてきて、、。

竿用としては売られていないものですが、エポキシに関しては経験と知識が深い専門サイトで販売しているものです。

R0013471.jpg
シルバーチップエポキシです。下記サイトは一見の価値があります。リンクに加えました。
販売元は、システムスリーエポキシです。
http://www.woodencanoe.net/epoxy/index.html

製品ごとの詳しいデータシートを公開している小売店は私の知る限りここだけです。
混合比は、容量比では100:50、重量比では100:43です。

容器もスグレモノです。重量比で混合するならシリンジが不要だし密封も良い。

R0013472.jpg

硬化剤にスローとファーストがあるので両方購入しました。

先ず、ファーストを使ってみました。
午前中に塗ったものが午後にはペーパー掛けが出来るのでビックリ。
二度ほど塗りましたが、、、塗った時には平面でいい具合でしたが、何故か硬化する頃には凸凹が出来てきます。
混合不良かと思い再度挑戦。でも、、凸凹が目立ちます。
何故なのか調べてみます。解決できれば最高ですが。

(追記:システムスリーの担当者に聞いてみましたが理由は分からないし、そのような問題は聞いたことがないとのこと。もし混合不足なら硬化にムラが出るはずだが、ちゃんとツルピカになっているので。。分からない。
次回は混合を徹底して、塗り方も工夫してみようと思っている)

(再追記:凸凹の原因が分かってきました。ジャストエースと較べると粘度も低く若干薄く伸びるようです。ムラを無視してその上から2回程塗り重ねるとマッタリツルピカになってきます。
それから水研ぎをして下地を整えて仕上げ塗りをすると独特の艶がでるようです。
最初に良く攪拌し、一寸長めの2分程置いて落ちるかせるのも重要です。
大分使いこなせてきました。次回は出来栄えを紹介します)


R0013468.jpg

ご覧の通りペーパーをかけると目立ちます。これでは手間が掛かりすぎる。

次にスロータイプを使ってみました。
ほぼ筆で平面を出したとおりで硬化します。しかも、それほどスローではありません。
気温は20℃一寸の朝5時頃に塗ったものが、夕方午後4時には固まりました。
スローでも大凡12時間で次の作業が出来るのは使い勝手が良いです。

1000番と2000番のペーパーで水研ぎをした後に、コンパウンドをかけました。
R0013469.jpg
グラスのソリッドブランクに下地加工をせずにメタリックを巻いたものです。

他のエポキシよりもツヤも硬さも優れています。正にツルピカになります。
たった12時間で水研ぎとコンパウンドがかけられる。。驚異的です。

総糸巻きにはスロータイプ。ガイド上巻にはファーストタイプと使い分けると作業が楽になりそうです。

良いものを見つけました。私の定番にします。ファーストは冬でもOKです。

・・・・
三日後に追記です。

今までにないツルピカです。こんなエポキシがあったのか・・・。早く知っていれば・・です。
つい、、もう一度コンパウンドをかけました。
この艶と硬さは特筆ものです。
是非試してください。私はこれに決めました。

プロフィール

快釣タクランケ

Author:快釣タクランケ
釣りの事、仕掛けの事、そしてロッドビルディングの事など、
メモ代わりに思いつくことを書いていきます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
マイナーなブログ。。。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。